過去のセミナーのCDとDVD(音声のみ)はチア・にっぽんのHPより購入することができます。
それぞれのセミナーにおいて、講演・各分科会を録音したCD、またコンベンション・セミナー全講演を収録したDVD(音声のみ・mp3版)を選択することができます。注文・支払方法はチア・にっぽんのHPをご参照ください。



<2014年 チア・白馬セミナー>

注文用紙はこちらのページよりダウンロードしてください。


講演タイトル 内容

 「注意力散漫をふせぐ」

 ホームスクールをする親ならだれでも、子どもはわずかなことで、集中できず、気が散りやすいことを知っています。そんなとき、親までイライラして子どもの気持ちを傷つけることは避け、むしろ集中しやすいように助けてあげたいものです。この分科会では、多動性を疑われる子どもたち、気が散りやすく注意力が散漫になりがちな子どもたち、また一人で学習を進めることが困難な子供たちの手助けになる情報をより深く、見つめていきたいと思います。日々のホームスクーリングにすぐ取り入れられる、様々な研究に基づいた実践的な方法を学んでいきましょう。集中量を発揮させ、やる気を促進し、注意力の拡散を防ぎ、助けることができます。

「一人一人の学習のニーズにあわせたホームスクーリング」

この分科会では、ホームスクーリング環境を子どもたちのニーズに合わせて改善する具体的なガイドラインを見ていきます。個々に違う学習のニーズに適応しながら、しかもしっかりと学習をすすめる方法を学びましょう。ホームスクーリングでは、スケジュールの組み方によって、学習を活かすこともできれば、無駄にしてしまうこともできます。子どもの生活態度を改善するのに役立つ「ほめること」と「賞品」の力。正しいことを、正しいタイミングで教えることの重要性ほか、学習力促進のための聖書に基づく、素晴らしい秘訣を分かち合います!

 「子どものアイデンティティはどこから?」

私たち親はどうしたら、子供他自分の行動や能力でなく、神の愛の中にアイデンティティを築く手助けができるのでしょう?子どものマインドを真理に向けるにはどうしたらいいのでしょうか?聖書には、私たちの思考が私たちの人格におおいに影響するとあります(箴言23:7)。子どもたちが自分自身をどう見ているかが、行動や選択、人生のモチベーションにまで影響してくるのです。子どもたちの種にあるアイデンティティを強化する方法を、一緒に学びましょう。

「学習障害となると、どんな気持ちになるのか」

学習面で特別なチャレンジを持っている子どもに共感する最も優れた方法は、彼らの弱さを自分も体験してみることです。この分科会に参加したみなさんには、学習障害、聴覚や視覚における問題、書くことの困難さを体験していただこうと思います。さらに、落ち着きがない子、過度に活発な子、非常に注意力が散漫な子について、皆さんが理解できるようお手伝いしたいと思います。
「祝福―神の力が、子どもの心に起動する」 この分科会では、子ども達を祝福する方法をわかりやすく、説明していきます。神の祝福は子どもの心に、神の無条件の愛、そして自分に与えられた主の計画を理解する力を起こさせます。聖書に基づいた祝福、親からの高い評価を受けた子ども達は、神様の愛、また親の愛の中に、深くしっかりと根を張ることができるのです。子どもの心を親に向け、親の心を子に向けさせることを通して、家族の関係に良い変化がもたらされます。

 

<2014年 チア・コンベンション>

CD・DVD(音声のみ)注文用紙はこちらです。
コンベンションは、大阪と東京の2ヵ所で行われたため、CDは大阪版、東京版があります。講演内容は同じですが、質疑応答など違う場合があります。

DVD(音声のみ)は大阪・東京両方すべての講演とパワーポイントのデータも収録されています。


講演タイトル 内容

 「子どもたちを『恐ろしほどに奇しく(詩篇139:14)』神が造られた存在として祝福するために」

 子どもたちが親から愛され、受容されることがいかに大事であるかを、聖書は私たちに示しています。聖書は、私たちに、どのように「祝福」が引き継がれていくか、5つの領域での方法を示しています。(1)意味ある触れ合い(2)語られることば(3)どんなに価値ある存在かを言い表す(4)特別な将来を描く(5)行動の伴う関わり合い。この分科会では、どのように子どもたちに祝福を与えるか、愛の遺産と受容を通して、多くの親子が、人生を大きく変えられることとなりました。祝福することで、神の愛が、子どもたちの心と将来の中心に据えられることにつながるからなのです。

 「学習障害を持つ子どもたちを教えるための10の戒め」

学習障害を持つ子どもたちを教えるための「10の戒め」は極めて重要です。この「10の戒め」を学ばなければ、皆さんは子どもたちを教えることにストレスを感じるようになるか、あるいは完全に燃え尽きてしまうでしょう。お子さんにADHD、高機能自閉症、読書障害、処理障害、あるいは学習障害の兆候があるかどうかにかかわらず、戦略またはプログラムを見つけようとする前に、ぜひもっとも重要なことは何かを発見してください。

 「学習障害になると、どんな気持ちになるのか」

学習面で特別なチャレンジを持っている子どもに共感する最も優れた方法は、彼らの弱さを自分も体験してみることです。この分科会に参加した皆さんには、学習障害、聴覚や視覚における問題、書くことの困難さを体験していただこうと思います。さらに、落ち着きがない子、過度に活発な子、非常に注意力が散漫な子について、皆さんが理解できるようにお手伝いしたいと思います。

 

<2013年 白馬セミナー>

CD・DVD(音声のみ)注文用紙はこちらです。


講演タイトル 内容

 「学習障害とは?
子どもたちを正しく導く方法」

 この分科会では、なぜ子どもたちに学習障害が起こるのか、なぜ集中力を欠くのか、あるいは、なぜ教えたことを暗記し、思い出すのに苦労するのかについて、その「原因」となる障害を示します。またその理由を発見する方法を示します。さらに、子どもたちのどの部分に弱点があるのか、またその理由を発見する方法を示します。また、この分科会は次の分科会の伏線となり(視覚的障害、聴覚障害、記憶障害、あるいは上記3つすべて)、皆さんの子どもがまさにそれに当てはまると感じる分科会になるでしょう。

「聴覚能力の弱さを強化する方法」

皆さんの子どもは、あなたがおしゃったことを覚えておくのが難しいですか。または、話したことをいつも間違って理解していますか。あるいは、話したことを子どもが覚えておくために、何度も繰り返し話さなければならないでしょうか。この分科会では、こうした聴覚能力に必要のある子どもたちを教え、愛し、ともに活動していくための方法をお伝えします。

 「視覚能力の弱さを強化する方法」

皆さんの子どもたちは、たとえば読み書きや、数学の文章問題を解くこと、自分の思いを文章で表現することに、何か困難をおぼえていますか。もしかしたら、それは視覚的な問題があるのかもしれません。この分科会では、子どもたちの視覚的な弱点を認識し、かつその弱点があっても学習面で成功するための方法を紹介することで、皆さんの教育方法を補強したいと思います。

「なぜ私の子どもはじっと座っていたり、学んだり、

集中することが難しいのか」

皆さんの子どもたちは、四六時中、動いていますか。課題を最後までやり遂げることが難しいでしょうか。すぐに注意力が散漫になりますか。この分科会では、ホームスクーリングをしている時の必要や、集中力が要求される状況に対応するための理解力と専門的な教育法をご紹介します。
「特別な必要を持つ子どもたちを、神の視点から見る」 特別な学習の必要を持つ、子どもたちを神の視点から見ることは、私たちの呼吸に必要な酸素と同様、必要不可欠なことです。神のみことばを明確に理解することで、私たちの心は一新され、この世の中で、今まさに子どもが必要とする親になっていくのです。子どもが学習障害を持つか否かに関わらず、神様は「この世にあっては艱難があります」とおっしゃいます。この分科会では、神に選ばれた親として、神の御手によって「恐ろしいほどに素晴らしく」創られた子どもたちに仕え、教え、愛することができるよう、理解力が変えられた人生を手にすることでしょう。

 

<2012年 白馬セミナー>

CD・DVD(音声のみ)注文用紙はこちらです。


講演タイトル 内容

 「特別な学習訓練を必要とする子どもを教えるときの十戒 パート1」

 マタイ11:28でイエスが言われました。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところにきなさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます」。クリスチャン・ホームスクーリングをしている親のチャレンジは、子どもに学習障害があろうがなかろうが、「たましいに休息を見出す」ために、それぞれの子どもによって子どなる、「必要」への助けをすることです。「十戒」パート1では、特別な必要をかかえている子どもを教えるという戦いに直面している方に必要な「道具と武器」を提供します。このセミナーで力と励ましを得、心理に燃え立たされましょう。ここでは、十戒の第1戒~第5戒を取り扱います。

 「特別な学習訓練を必要とする子どもを教えるときの十戒 パート2」

マタイ11:28でイエスが言われました。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところにきなさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます」。クリスチャン・ホームスクーリングをしている親のチャレンジは、子どもに学習障害があろうがなかろうが、「たましいに休息を見出す」ために、それぞれの子どもによって子どなる、「必要」への助けをすることです。「十戒」パート1では、特別な必要をかかえている子どもを教えるという戦いに直面している方に必要な「道具と武器」を提供します。このセミナーで力と励ましを得、心理に燃え立たされましょう。ここでは、十戒の第6戒~第10戒を取り扱います。

 「学習障害:なぜ私の子供には学習困難があるの?どうすればいいの?」

神の主権はすべてを覆います。神様は、学習へのチャレンジや障害を持っている子供たちの全てをカバーしています。このセミナーでは、子供の長所と短所を発見し、その子供の長所をもって短所に打ち勝つ方法について取り組みます。
学習問題について学ぶだけでなく、子供自身が自分の弱さに打ち勝って、その子の学業における可能性を切り開くためには、どのように皆さんが自分を訓練し、どのように助けていけばよいか分かってくるでしょう。
「注意欠陥障害:子供が自分の注意すべきこと以外のその他すべてに気をとられるとき」 心を集中させて聞かない子ども、あるいは、すべてのことに過剰に反応する子供を教えるのはエネルギーのいる仕事です。それが自分の子供であるならなおさらのことです。ここでは、注意欠陥と、課題を完成できない、じっと座っていることができない、注意散漫な子供の欠陥の原因を調査していきます。最新の注意欠陥障害の研究からホームスクーリングをしている親が学べること、そわそわしていて、すぐに注意散漫になる子供たちを力の限り助けていく方法を見ていきます。
「神は失敗をされない:私の子供は『恐ろしいほどに素晴らしく』造られた存在か?」 自分の子供が傷つくのを見るとき、その痛みを止めてあげたいと思います。しかしそれが子供の学習に関わってくるとき、子供たちが四苦八苦しているのを見ると、違った感情に支配されがちです。すぐイライラしてしまい、「なんでそんなのできないの?」と言ってしまいます。このセミナーでは、「神の国の視点」を発見し、身につける助けをします。エレミヤ書1:5には、神は私たちの子供を形作る前から彼らをご存知であり、彼らを国々の預言者として聖別して定めていたとあります。子供たちをホームスクーリングするなら、皆さんは、子供たちに、神の希望と約束をもたらすという最高かつ、最も偉大な機会が与えられることになります。あなたの子供たちがどのように真理の中に根差し、アイデンティティを見出すようになれるのか聞いてください。